RPG-Fan!

【原神】推しキャラ語り ~火力最適解とこだわりの狭間で~

【原神】推しキャラ語り ~火力最適解とこだわりの狭間で~

原神の推しキャラやそのビルド、編成について、どこかのタイミングでいったんまとめて語っておきたいなぁと思っていたのですが、サービス初期から続いた「エンドコンテンツといえば螺旋のみ」という一つの時代が終わる今こそでは!?というわけで、これまでの総括的な感じで書いていこうかなと思います。

前提として、記事タイトルでも前フリしていますがこの記事は、キャラクターの火力理論値を追求した場合の最適なビルドや立ち回りを紹介する記事ではありません。もちろんキャラクターをしっかり活躍させてあげたい、でもここはビジュアルが合うかどうかを優先したいんだよなぁ……みたいな、こういうゲームならではの葛藤の行き着いた先をお見せする感じです。

自分は、そうしたこだわりをどこまでアリとするかを見極めるラインとして、「螺旋12層★9クリア」を基準にしています。火力最適解を追求したビルドでなくても、これが達成できるなら一定の水準には達してると判断してよいのかなと。ただ今後は、ルール的に流石に1ステージごとの難易度は緩めになりそうな気もする幻想シアターが来ることで、螺旋12層側は真のエンドコンテンツとして一気に難易度上がったりするのかも……!?と、今から戦々恐々としてはいますが。楽しみでもありますけど!

なお、自分はこんな感じですが、あくまで「自分の遊び方はこう」というだけで、DPS最適解を突き詰めたタイムアタックガチ勢みたいな方々のことも、一つの極め方として尊敬しています。そこはどうか誤解なきようお願いいたします。そうした方々の研究、動画などから、そのまま適用するとは限らないにせよ色々と勉強させてもらっていますし、正直なところプレイスキルの面ではとても敵わないので、自分はそこで勝負せず自分なりで行こう、と割り切ってる面もなくはないですし……。

それと、この記事ではキャラクター自体についての思い出とか、ビルドとかの話がごっちゃになっています。自分的にはやっぱりその辺が不可分なのがRPGというジャンルの好きなところなので……。情報としては未整理な内容になりそうですが、悪しからずご了承ください。正直、将来の自分が読み返して思い出に浸るために書いているのが半分くらいです。(このブログはだいたいそう)

前置きが長くなりましたがひとまずそんなところで、では本題に入ります~

刻晴(ロール:メインアタッカー)

  • 武器:磐岩結緑 精錬ランク3
  • 聖遺物:雷のような怒り4セット(※草元素実装以前より)攻撃時計 / 雷杯 / 会心ダメ冠
  • 命ノ星座:さすがに運命感じちゃう完凸
  • 天賦レベル:10 / 13 / 13

うちの二大メインアタッカーの片翼であり、最初にお迎えした★5キャラクターです。FF15のシフトブレイクが好きだったので、雷楔も使ってて楽し~!格好いい~!となりました。本人も可愛いし格好いいしということで、そのままメインアタッカーに。

自分が原神を始めたのはサービス開始から少し経ったあたりで(1カ月は経ってなかったはず)探索に便利な能力を持つキャラもまだまだ少なかったので(ウェンティがめっちゃ人気だった覚えがあります)雷楔での斜め上移動も大変重宝していました。その後万葉が来るわけですが、なんだかんだでこの二人、同じ高所移動系能力とはいえ斜め上に真上と移動方向が違っているなど、それぞれの良さと使い所があり普通に併用ありだと思っています。……と思っていたら、斜め上に跳んでから万葉にチェンジという「いいとこ取り」ができる千織さんが登場してしまい……(汗)

さておき。ビルドは今となっては一般的な感じだと思いますが、強いて言えば草元素実装前から雷怒り4だったのはややマイナー寄りだったかもしれせん。当時は火力だけ見るなら雷剣闘士あたりが無難という評価だったように記憶していますが、スキルをいっぱい使いたい、雷付与を途切れさせたくない、という気持ちから自分的には雷怒り1択くらいの勢いだった覚えがあります。白ダメ見せたら負けという気概でやっていました。

そもそも激化実装前は雷元素自体が、火力的にはちょっと厳しい立場にあった気もしますが、そんな中で刻晴メインアタッカーの編成を使って気合いで螺旋12層★9クリアしたのもいい思い出です。夜蘭姐さんと組んだ感電PTとかで頑張ってたんだったかな~

それと立ち回りにおいて、一時期は刻晴と言えばこれ、くらいのイメージだった重撃ループをしないのも個人的なこだわりでした。理由は端的には通常モーションが格好いいので全部使いたいからです。その締めとして重撃を使うのは好きです。まあさすがにこの辺は必要に応じて臨機応変にこだわりを捨てることもあります。あと、激化時代になって手数が重要になってからは、さすがに以前ほどは重撃偏重でなくてもよい印象もありますがどうなんでしょう。

命ノ星座は現状唯一の完凸。恒常★5キャラということで狙って凸ることはできず、この完凸は偶然によるものです。刻晴は昔、幻の恒常★5キャラ単独ピックアップが一度だけ行われたのですが、その時は回したけど凸れなかったので本当にPU祈願のすり抜けと恒常祈願オンリーです。この記事を書いている時点では、璃月キャラを対象とした集録祈願もまだ開催されていません。

他の恒常★5キャラが無凸~3凸の中で、初期からずっとメインアタッカーとして使い続けている刻晴だけ完凸、オカルトは信じませんがさすがに運命を感じてしまいます……。

武器遍歴

★4、★5武器が揃わない序盤は★3武器であるチ虎魚の刀をそこそこの期間愛用していました。サブステータスで攻撃力が上がる上に、武器効果の追加ダメージの倍率が高く、完凸でなんと400%。まあ単体ダメージで発動間隔も長めなんですが、かなりいい火力が出るので、通常連打とかしてると急にスッと敵を倒せるのが頼りになるし、ちょっと面白かったです。デザインも刻晴に合うので他にいい武器が揃うまでの候補としてオススメ! 正直、これを伝えたいのがこの記事を書いた理由の10%くらいにはなってたりします。

チ虎魚の刀、★3武器の中ではかなりデザインが凝ってる方な気もします。気に入りすぎて、★4武器に乗り換えるのちょっと惜しく感じるくらいでした

その後は匣中龍吟、黒剣と推移。黒剣もかなり長いこと愛用していましたが、最終的には磐岩結緑で落ち着きました。精錬ランクはPUの相方がいいときに祈願を回して上げたいなあと思っているうちに、PU自体がなかなかされなくなっちゃいましたね。集録祈願での登場に期待です。

それはそうと、磐岩結緑は性能的にも適しているし璃月の刀ということでビジュアルも十分似合うのですが……。刻晴のイラストにある刀がワンチャン実装されることも待ってます!恒常キャラってことで難しいのかもしれませんが、刻晴の能力をさらに一段引き上げる効果つきのモチーフ武器が実装されるといいなぁ……。

この剣実装して~! まあ、磐岩結緑も璃月の宝剣って感じで刻晴に結構似合ってて好きなんですけどね

編成例

まあこの辺は定番どころですね。よく使うのは1つ目の方で、万葉をほかの編成に回したい場合などに2つ目の方を使います。

こだわりポイントとしては万葉の武器でしょうか。天目影打を採用しています。ちなみに蒼古なる自由への誓いは持ってます。持ってますが……万葉に刀タイプ以外の武器を持たせるのは嫌じゃあああああああ!!!!という一心でこうなりました。正直ね、万葉自身は気にせず使えるものを使うような人物だとは思ってるんですけど。実際、螺旋12層★9クリアに火力が足りなくなったらなりふり構わず蒼古を使おうとは思っていますが、今のところそこまでの事態には陥っていません。あと天目影打、チャージの緩和という点に限っては性能も噛み合ってると思います。元素チャージ効率をそこまで盛らなくても爆発が回しやすいです。

刀タイプの熟知片手剣の実装、待ってます……。そういえば傘ソードこと東花坊時雨は熟知武器でありつつ、デザインのマッチという点でもあれはあれで風流なのでアリ寄りではある……のですが、やはり万葉には刀を持ってほしい……!

万葉入りの編成で、草元素付着と耐久の枠には現状主に、完凸しているヨォーヨを採用。綺良々も使いたいのですが、無凸かつ丁度いい武器もないので今のところあまり起用できていません。次に聖顕の鍵のPUが来たら綺良々用に取ろうと思ってます。また、白朮先生も気になるところですが、現状ヨォーヨで何とかなってるので毎回石温存になってしまっています。幻想シアターが来たら同じ役割でも層を厚くする意義は十分できると思いますので、余裕があればお迎えしたいところですが……。

あとはフィッシュルも、初期に弓アタッカーとして活躍していたもののその後なかなか出番を用意してあげられていなかったので、激化時代になって刻晴激化PTのキーメンバーとして大活躍してもらえるようになって本当に嬉しいです。衣装はどちらも好きなんですが、武器が狙うことなく精錬ランク4まで来ている天空の翼なので、デザイン的に新衣装の方が合うな~、ということでこちらにしています。新衣装が出てくるイベント自体も、フィッシュルのようなキャラクターがいわゆる中二病とどう向き合っていくかを描いた話として、その着地点も含めとても好きなお話でした。

通常衣装が闇のフィッシュル、こちらが光のフィッシュルというイメージ。天空弓にはこっちが似合うかなって。それはそうと天空弓、ここまで来たらいっそ完凸したいです

あと、上記2タイプの編成どちらも耐久枠を入れていますが、螺旋向けの実戦DPSを重視した解説動画を投稿されているシンフォニーさんのサブチャンネルの、クロリンデに関するQ&Aの動画の最後にクロリンデ実装による刻晴のポジションというなかなか気になる話題があり、「ローテの自由度が高くて、かつローテ内の無敵時間が長いのでクロリンデよりも生存枠なしで安定した立ち回りを取りやすくなっている」とのことなのでちょっとやってみるかー!とフィッシュル・ナヒーダ・刻晴・万葉のPTで今期(Ver.4.7)の螺旋12層行ってみました。魔偶剣鬼がキツくて結構リトライしちゃったけど全体的には何とかなりそう。もっと安定して運用できるように使い慣れていきたいですね。

2間の魔偶剣鬼で刻晴のHPバーが赤くなってこりゃあかんか……と思ったけど、逆に1間と3間はほぼ被ダメなしで行けたかも

香菱(ロール:サブアタッカー)

  • 武器:「漁獲」 精錬ランク5
  • 聖遺物:絶縁の旗印4セット チャージ時計 / 炎杯 / 会心率冠
  • 命ノ星座:完凸
  • 天賦レベル:10 / 13 / 13

今となっては一般的な絶縁サブアタッカービルドですが、ここに至るまでは色々ありました。その名残が通常天賦レベル10ですね。自分は推しだからといって使わない天賦まで無理にレベルは上げない、というスタンスなので、つまり一時期メインアタッカー型を目指してました

そもそも香菱との出会いはゲーム開始初期にプレイした、懐かしの伝説任務。そこで一時加入したときに使ってみて通常攻撃のハイスピードでキレのあるモーションに一瞬で惚れ込んだのでした。そもそも槍のモーションを見たこと自体が初だった気がするので、今にして思えば初見補正みたいのもあったとは思いますが。ただ当時から半分くらい「原神のモーションすげー!」みたいな感想ではあった気もします。

というわけで聖遺物に剣闘士4セット(!?)つけたりして、旅パでは刻晴とダブルアタッカーで使ってたりました。元素爆発でこそ本領を発揮すると気付いたのはそれから数カ月後のことになります……。その後、「漁獲」や絶縁も実装されて定番のサブアタッカービルドに落ち着きましたが、雲菫実装時に再びメインアタッカービルドを追求してみたり、定番のベネットとの組み合わせのときも行秋の元素爆発の連動攻撃を出すために通常を振る役を香菱が担ってみたりと、あわよくば通常攻撃を振る機会を作れないかと画策しています。格好いいので……!

サブアタッカーとして色んな所に出張している感じなので、編成例は割愛します。

武器遍歴

「漁獲」実装前、メインアタッカー志向で使っていた頃は死闘の槍を愛用していました。というか香菱が使うために紀行武器の報酬で死闘の槍を選んでました。色味が香菱にピッタリなのと、会心率を稼ぎたいという点でも噛み合ってたんですよね。香菱、ビジュアル的に(ドラクエ的な意味での)武闘家のイメージだったので、会心の一撃をいっぱい出したい!という気持ちでした。会心率と会心ダメの期待値的な適正バランスよりも、会心率をできるだけ100%に近付けることを重視するくらいに。

あとは和璞鳶も使ってみたり。いい武器だと思うのですが、現状うちのキャラ加入状況だとピッタリ合うキャラがおらず持て余しています。槍通常攻撃はやっぱり高速連撃の浪漫があるので、香菱でなくても誰かしら槍メインアタッカー使いたいんですけどね~。気になるキャラは居るのでご縁を伺いつつ、新キャラ実装にも期待かな。

さておき、爆発サブアタッカーとしての立ち位置に落ち着いた今では定番の「漁獲」を使っていますが、これはこれで性能はばっちり噛み合う上に、イメージの面でも料理人としての側面とマッチしていて気に入っています。

香菱にキュンと来た瞬間、あと刻晴との関係性について

香菱、もちろん最初から可愛いなぁとは思っていたのですが、どっちかと言えば元気な旅の仲間!みたいな印象でした。それがちょっと変わったのが原神1周年記念のオンラインコンサートの告知画像が出たときででして……。実際のコンサートの配信でサムネイルにも使われてるこれですね。

香菱その格好、何!? と、普段は野山を駆け巡ってそうな格好の子が急にドレスとか着てるのを見てドキっとしてしまったのでした。クラスの女子と偶然街で出会ったら私服の可愛さにうっかりときめいてしまったとかそういう感じの。まあこの例は実際にあったことではないのであくまで幻覚なんですが。

さておき。刻晴も香菱もゲーム最序盤に出会った好きなキャラクターとして、璃月探索などでも一緒にパーティに入れてたのですが、この二人、同じ璃月キャラといってもメインストーリーなどでシナリオ上の絡みはなく、プロフィールでのボイスも刻晴→香菱は一応言及あり、とはいえあくまで万民堂のシェフとしてという感じ。そして逆に香菱→刻晴は言及なしと、作中で二人の関係性はほぼ描かれていない状態でした。

まあそこまで接点がある感じでもないしなぁ、と思っていたところに開催されたのがバージョン2.1、2021年9月末から開催されたイベント「韶光撫月」。璃月の「月逐い祭」をテーマにしたこのイベントでは、刻晴と香菱が主要な人物として登場し、少しずつ距離を縮めていく様子が描かれました。ありがとうございます……本当にありがとうございます……! ちなみにこの二人が並ぶイベントのメインビジュアルの壁紙も用意されており、これは現在に至るまで自分のPCのログイン画面の背景画像となっています。二人ともかわい~!!

ノエル(ロール:大黒柱)

  • 武器:赤角石塵滅砕 精錬ランク4
  • 聖遺物:華館夢醒形骸記4セット チャージ時計 / 防御杯 / 会心率冠
  • 命ノ星座:完凸
  • 天賦レベル:10 / 13 / 13

今回紹介する中で一番、定石から外れたビルドかもしれません。具体的にはチャージ時計と防御杯。

ノエルは元素爆発の必要エネルギーが60かつスキルで元素粒子が出ないと、それだけだとチャージが重そうという印象ですが、こと岩元素キャラクター中心のいわゆる「岩パ」においては、周囲から十分な粒子を受け取れるのと、ヒットストップなども加味すると元素爆発による強化状態をかなり長く維持できることもあって、実際はそこまでチャージ効率を盛る必要はありません。というのを理解した上で敢えてチャージ時計を採用しています。また、火力だけを考えるなら杯は岩ダメージがよいと思いますが、HP回復量とシールドの強度を重視して防御杯にしています。

その理由としては、バージョン2.2にて、2021年10月から開催されたイベント「謎境一騎」が原体験にあります。このイベントはローグライクっぽいランダムな強化要素も活用してダンジョンをクリアしていくようなイベントでした。ちょっとうろ覚えですが、マップ自体は固定だけど出現する敵はある程度ランダムだった気がします。で、それのおまけ的なステージとして報酬の一切ない超高難易度ステージが用意されていたのです。とにかく敵の攻撃がキツくて侵食もあって、当時、螺旋12層よりも難しいなんて言われ方もされてた覚えがあります。ただし時間制限はありませんでした。

自分は当時螺旋12層★9クリアはできなかったにも関わらず、こちらはノエル入りの編成でクリアできたんですよね。メインアタッカーが危なくなったら交代して、ある程度の火力も出しながら回復できるというのが本当に心強かったです。この経験から、「ノエルに合わせた最適編成」ではなく、全然関係ない編成にお助けメイドさん的に単体投入しても、しっかり仕事をこなせるようにという意識でビルドを組んでいます。

ノエルに限らず、自分がキャラクターのビルドを考えるときのテーマとして「それサバンナでも同じこと言えんの?」というのがあります。螺旋のようにあらかじめ戦う敵がわかっており、決まった最適編成を組める場合だけでなく、未知の状況に放り込まれて組める相手も限られるような場面でもできる限り対応できるようにしたい。まあ、有り体に言ってしまえば汎用性重視といったところでしょうか。

例えば、自身にファントムハンター適性があるわけではないキャラにフリーナ前提でファントムハンターを装備させたりは基本しない、みたいな感じですね。その都度聖遺物を付け替えればええやん~という考え方ももちろんあるとは思いますが、個人的にはこのキャラはこう、と1つに決めて、サブステータスも含め専用聖遺物という感じで詰めたいタイプです。流石に2パターンから切り替えくらいはしたいキャラも居るので、ある程度は柔軟にやっていきたいとは思っていますが。(やっぱり聖遺物セット切り替え機能が欲しいなあ……)

何はともあれ、決まった状況での火力だけでなく、耐久力や突発的な事態への対応力など、幅広い状況での総合力が試されるコンテンツが実装されるといいなあと願いながら、それに備えたビルドを意識してきました。果たして幻想シアターがこれに該当するエンドコンテンツになるのか、楽しみですね。

(大事なことなので記事冒頭にも書いたようなことを繰り返しますが、敵に合わせてステータスをカリカリにチューンするようなタイムアタック勢へのアンチテーゼみたいな気持ちは一切なく、そちらはそちらで極めた遊び方としてめっちゃリスペクトしているという点は念押しさせてください。)

ちなみに、なんだかんだで火力最適解を求めたいときのための防御時計と岩ダメ杯も一応、用意してはあります。たとえば螺旋のクリア動画を撮るとしたら、少しでも早いところを見せたいですからそっちを使うかもしれません。

ノエルのロールについて

メインアタッカーとかサブアタッカーとかサポーターとか、厳密な定義があるわけではないもののキャラクターの役割を定義する言葉は色々あるかと思います。

さてノエルはこれで言うと何か。シールド張って回復もできて、完凸すればメインアタッカーもこなせる。表に立って攻撃を振ることで元素反応や他のキャラの能力を誘発するドライバーなんて役割もありますね。結局編成にどういう立ち位置で入るか次第だったりもしますが……こういうの全部引っくるめると、パーティの大黒柱というのが個人的には一番しっくりくるなと。どんな場面でもノエルさえ居てくれればひとまず安心!的な。まあ正直、アタッカーとかヒーラーとか並んでる中に一人だけ「大黒柱」って入ってたらちょっとおもろない?みたいな気持ちもあります。

でも人と編成の話してるとき急に大黒柱とか言われても困ると思いますので、そういうときは素直にタンクアタッカーって言うと思います(笑)

武器遍歴

初期はノエル用武器の定番の一つ、白影の剣を使っていました。ストレートに火力武器を持たせるビルドも当時からあった気がしますが、やはり火力だけでなく、シールドや回復量も重視したいとなるとこれかなと。デザインが合わないという意見も見た覚えがありますが、個人的にはドラクエ的な意味での「勇者の剣」っぽさがあって(とくに鍔あたりのデザイン)マルチロールなノエルの武器としてこれはこれでアリだな!という印象でした。

というわけで長らく使っていましたが、そこに颯爽と現れたのが赤角石塵滅砕!荒瀧一斗のモチーフ武器ですが、能力が似ているノエルにもばっちり合います。しかも赤・黒・金という色味もノエルにピッタリ。ノエルが使うことも考慮してこのデザインにしてくれたのかなと想像していますが、どうなんでしょうね……。

自らのモチーフ武器が基本的に存在しない★4キャラクターにとって、最適な限定★5武器あるというのは本当に有り難いことで、気合いで凸りました。精錬ランクが4で止まっているのはもちろん諸々のリソースの都合もありますが、完凸してしまうと、PUの相方が欲しい武器のときにすり抜けが怖くなるのでという事情もあったり……。

聖遺物遍歴

初期は逆飛びの流星を使用。そもそも、秘境を周回してキャラクターに最適な聖遺物を集めよう、というのを最初に意識したのがノエルだった気がします。自分的には結構頑張って厳選した覚えがありますが、その後、華館夢醒形骸記が登場。「そっか……頑張って厳選しても新たに適性のある聖遺物が出てやり直しってことがあるんだ……」という洗礼を初めて受けたのもノエルだった気がします(笑)

聖遺物厳選は程々に、ある程度まで行ったらあとは樹脂の使い道が他にないとき更新チャレンジするくらいの緩めな感じです。画像は今後これ以上は流石に出ないんじゃないかと思うノエル用の華館会心率冠。強いて言えば元チャ効率も欲しかったですが流石にこれ以上望むのは欲深すぎる

余談ですが「逆飛びの流星」が花火の暗喩だと気付いたときは風流だなぁ……!と思ったり。あとこれのストーリー、稲妻の過去の歴史に登場する人物の話なんですよね。初期実装の聖遺物でこれ仕込んでるの凄いなぁ……とも思いました。当時稲妻に一番近い秘境で伏線撒いてたとも言えるのかな。

編成例

ノエル岩パ個人的最新版ver.フォンテーヌです。ノエル岩パのパワー、フリーナと千織さんで一段階引き上がった印象ですね。もともとは対集団戦や侵食環境に刺さるという感じだったのですが、回復アタッカーという立ち位置がフリーナと完璧に噛み合って、耐久に余裕があるような場面でも回復が無駄になることがなくなりました。また、千織さん(2凸)が単体火力を担ってくれるのでそういう意味でも隙がなくなりました。

もちろん、それでも最も適しているのは対集団戦だと思いますが、そもそもの火力水準が高いので単体戦も「ノエル岩パにとって最適ではない(やれないとは言っていない)」くらいの感じで。やはりフリーナの恩恵が大きいですが、かといって執筆時現在の螺旋12層程度なら必須というほどではありません。フリーナを他に回したい場合は夜蘭姐さんや、とくに水元素が相性悪い場合はロサリアを起用したり。雲菫を起用して真・岩パもいい感じです。

そうそう、プチこだわりポイントとして雲先生の武器は星鎌・試作にしています。防御力をとにかく稼ぎたいので、西風長槍は効果の安定発動に必要な会心率を稼ぐのが難しく検討から除外。デザインもピッタリな喜多院十文字槍か、純粋にサブステータスの元素チャージ効率なら最高(ただし武器効果は一切シナジーがない)星鎌・試作かと悩んでいたところで、ふと星鎌・試作の武器ストーリーを読んでみたら。

めっちゃ雲氏ゆかりの武器やないですか!というわけでこの瞬間、雲先生の武器はこちらで確定しました。

ただそもそも、ノエル用の華館を集めてた頃の副産物として、防御力とチャージ効率の両方がかなり上がった(そして会心系は全然ついてないのでノエル向きではない)華館が揃ったので、岩パはもちろんそれ以外でも、粒子生成が安定している編成ならチャージ系の武器でなくても十分爆発が回ったりします。なので少しでも防御力を稼ぎたくて死闘の槍を持ってもらったりもしてますが……やはり本格的に防御力が上がる槍が欲しいですね!

そのほか、螺旋11層あたりで地脈鎮石を守るステージのときは、岩主人公を起用することもあります。岩主人公の元素爆発の岩創造物をバリケードみたいにして、その内側からノエルの巨大な剣で敵を倒すのめっちゃ楽しいし実用的なんですよね~! それ以外の場面でも、旅パとか、あと螺旋でも岩パのメンバーの層が厚くなるまでは岩主人公とは結構組んでた覚えがあります。岩主人公の1凸効果も噛み合ってて、爆発使うとき「戦闘フィールド形成!」とか叫んでました。心の中で。

原神最推しキャラであるノエル、そうなるきっかけは……なんだっけ!?

ノエル、今回紹介する推しキャラの中でも一番思い入れのある、いわゆる最推しのキャラクターです。ただいつから、どういうきかっけでそうなったかというのが、ちょっとはっきりしないんですよね……。刻晴みたいに第一印象でビビっと来たとか、香菱みたいにキュンと来た瞬間があったとか、そういうのはちょっと思い出せず。

初心者応援祈願から確定でお迎え可能で、シールド張りと回復ができて鉱石掘りにも便利な大剣使い。ということで序盤ノエルのお世話になるのは原神あるあるかと思いますが、自分はそのまま気付いたら推しに……といったところでしょうか。もともとメイドさんが好きとか、声も聴いてて心地良いとか、元素爆発の強化状態で元の大剣に光の刃が追加された巨大な剣(こういうのちょう好き)を振り回すのがめちゃめちゃ格好いいとか、後付けで色々と理由を語ることはできるのですけど。

なんというか便宜上、一言で伝えやすい言葉として「推し」という言葉にまとめてはいますが、ノエル、刻晴、香菱という3人は、主人公と合わせた4人で、右も左もわからない序盤を共に駆け抜けていった「戦友」みたいなイメージが強いんですよね。そういったゲーム体験と、キャラクターへの思い入れの境界が曖昧になっているのが、RPGというジャンルの好きなところだなぁと改めて思ったりします。

神里綾華(ロール:メインアタッカー)

  • 武器:霧切の廻光 精錬ランク2
  • 聖遺物:氷風を彷徨う勇士4セット 攻撃時計 / 氷杯 / 会心率冠
  • 命ノ星座:勢い余って?4凸
  • 天賦レベル:10 / 10 / 13

サムライガールめっちゃ好きなので事前情報の時点から気になっていましたが、実際にストーリー上で出会ってやっぱり好きになりました。伝説任務もとても良かったですね……。舞のときの曲もとても好きで。この曲の旋律は稲妻の曲で共通して使われていますが、フィールド曲で使われているものもなんだか郷愁を感じてしまいます。サントラで言うと「華散る縁」ですね。個人的には「90年代のちょっと切ない伝奇系ギャルゲ」っぽさを感じるというか……。

この戦慄の戦闘曲アレンジもあるといいなー、と思いましたが残念ながらありませんでした。と思っていたら、EDMっぽいアレンジを見付けて、めっちゃ格好良くてテンション上がっちゃいました。流石に原神の、稲妻の世界観でそのまま戦闘曲になりそうな感じとは違いますが、これはこれで!

閑話休題、綾華さんの話でした。ビルドの方は氷風4セットに霧切とド定番です。強いて言えば綾華さんの、というより全体的な方針の話ですが、メインアタッカーの武器は一人ひとり違うものをというこだわりがあります。綾華さんをお迎えして霧切を引いたときは刻晴の武器はまだ黒剣だったので、「霧切を2本にして綾華さんと刻晴の両方で使う」という手もあるにはあったのですが、やっぱ被らないようにしたいなーと。霧切、デザイン的には刻晴にもめっちゃ合うので悩ましいんですけどね!

命ノ星座は最初は無凸だったのですが、いつかの螺旋で今一歩の火力不足を感じていたところで(上手い人なら立ち回りで全然いける範囲だけど僕のプレイスキルだと……!)2凸してめっちゃ火力強化を実感していました。という所までは割とはっきり覚えてるのですが、その先どうして4凸までしたかはちょっとうろ覚えです。2凸までが思いのほか順調だったのでそのまま勢いで行っちゃったんだったかな……。ここまで行ったらこの際完凸を狙いたいですが、魅力的な新キャラもどんどん来ますので石を投入できるタイミングを見計らいつつという感じです。

編成例

綾華さんといえば元素爆発がメインウェポン、みたいな言われ方も割とされており、もちろんそれは一つの側面ではあるのですが、個人的には通常攻撃や重撃もしっかり使っていきたい、なぜなら格好いいので!という感じでその辺も意識した編成です。レイラも、好きなキャラなので使いたいから起用しているという面もありつつ、能力面では氷共鳴のほかに4凸効果の通常・重撃ダメージ加算も噛み合います。そういう意味ではやはり、いずれは綾華さん完凸して重撃をさらに強化したいですねー。るろうに剣心が青春だった者としてはやはり居合は浪漫!なのです。

さてこの編成、DPS重視のキャラクター解説などの動画を投稿されているからしなさんの、視聴者が投稿したイチオシ編成を紹介するという動画の後編で紹介いただきました! 立ち回りの相談を兼ねてという感じだったのですが、そこも綺麗なローテーションを組んでいただけて本当に感謝です……。氷と水の両拡散ができたりできなかったりで悩んでいたのですが、そこもからしなさんが「翠緑デバフについてはDPSの約75%を占める氷元素ダメージを優先し氷拡散を使う形で」とまとめていただけたので、「からしなさんほどの方がそう仰るなら……」と水拡散はきっぱりあきらめがつきました(笑)。そこも有り難かったですね……! お陰様で以前よりスムーズに立ち回れるようになったと思います。

しかし割とダメ元での投稿ではあったので、動画のサムネに綾華さんが居るのを見たときは「もしかして!? いや、期待しすぎるな……」とドキドキしていました(笑)

あと動画のコメントで、探索でも使いやすそうと言及いただいたのですが、そうなんです。綾華さんと夜蘭姐さん(1凸効果でスキル2回使用可能)で交代しながら無限に高速移動できます。万葉はそこそこの縦移動にドロップアイテム集めを担当と、デイリーや素材集めなどの普段使いでも大活躍の編成です。山間部とかは流石に最適ではないので綺良々入りPTあたりに変えてますが。

ニィロウ

  • 武器:狼牙 精錬ランク5
  • 聖遺物:花海甘露の光4セット HP時計 / 水杯 / 会心ダメ冠
  • 命ノ星座:完凸を夢見つつひとまず2凸
  • 天賦レベル:6 / 10 / 10

スメール実装前に公開されたプレビュー動画や、その後に公開されたアニメPVでも可愛いな~と思っていましたが、ストーリーで実際に出会って大好きになりました。見た目のイメージから、巫女的な立ち位置で神秘的な人みたいな想像を勝手にしてたら全然違って、こんなに気さくな子なんだ……!?となったのもちょっと面白い経験でした。

あとうちは炎メインアタッカーの層が薄いので、神の目が写ってなかった最初のプレビュー動画を観た時点では希望的観測込みで「曲刀系の片手剣を使う炎メインアタッカー」とか予想していましたが「片手剣」しか合ってませんでしたね(笑)。炎は髪色からのイメージで、衣装の色味は敢えて外してるパターンとか深読みしましたが全然そんなことはなかったぜ……!

一般的にはサポーター的な位置付け、でもアタッカー運用を想定したと思われる剣舞のステップもあるしということで、アタッカーやりたくなる……まではあるあるですが、自分はそこで蒸発アタッカーとかではなく、「固有天賦を活かした豊穣開花をしつつ、自分が前に出てアタッカーをしながら水元素付着も担う」という欲張りセット狙いです。キャラクターのコンセプト的な能力はやっぱり活かしたいなぁと……。

正直、完凸でもしない限りとっちつかずのビルドになってしまっていると思いますが、ゆくゆくは完凸を目指しつつも、水月のダメージが大幅に伸びる1凸を経ての水・草両方の耐性を下げられる2凸までは頑張りました。

祈月状態で、いち、に、さーんとテンポよく通常攻撃を振っていって3段目で水月を出すのが楽しいんですよね。ちなみに水月、一部で「乙女カッター」と呼ばれてるのがなんか好きだったりします。語感とか。ひとまず現状でも、諸々のバフデバフ等込みですが、豊穣開花をしながら水月で2万数千、元素爆発も5万数千×2くらいのダメージは出てるので、螺旋12層くらいなら十分何とかなるレベルまでの火力にはできたかなと。

武器遍歴

聖顕の鍵が発表されたとき、どうしてもデザインがニィロウに合わないのでは……と思ってしまいました。砂漠側にルーツがあるように感じる武器と雨林側のキャラクターであるニィロウも設定上噛み合わないし、限定★5の片手剣と槍を砂漠系のシリーズで、という流れとたまたまキャラクター実装が重なったからキャラクター性と関係なく割り当てられただけなのでは……みたいな印象をどうしても感じてしまったのですよね。

ただ、実戦紹介動画では砂漠で踊りを考えたという話があったりと無関係までとは言えないかなと思い直したり(でもこの実戦紹介だとサイフォス持ってるんですよね……実戦紹介で同時実装武器持ってないのって相当異例では!?)儀式剣のようなものだと思えば案外これはこれで……という気もしてきたりで。当初ほどミスマッチ感は感じなくなっていきました。実際にお試しで使ってみたら全然ナシというほどでもなかったのも大きいかな。

とはいえどちらにせよ、完凸未満だと会心武器が欲しくなるなあ、ということで聖顕の鍵は見送り。暫定的に黎明の神剣を持ちつつ、借りられるときは刻晴から磐岩結緑を借りる、という感じでやってました。

フォンテーヌで、HP依存のアタッカー向け片手剣が来ないかな~と期待していましたが、それとはちょっと違いますが会心系武器でスキルと爆発の会心率をさらに上げられる新紀行武器の狼牙が結構合うなと。取れるようになってから最優先で完凸しました。爆発の方は2発目にしか武器効果の会心率アップを乗せられませんが、スキルの方は祈月状態の攻撃がスキルダメージ扱いなのですぐスタック溜められるのも噛み合ってますね。デザインのマッチングも、ニィロウには少しだけごつい印象もありますが色味なんかはいい感じではないでしょうか。

静水流転の輝きも気になりはするのですが、本人のHP増減は開花で達成できるとして、他のメンバーのHP増減はフリーナ前提になってしまいそうなのが悩ましいですね。ステータスと使える分の効果だけでも十分強そうではありますが……。

ちなみに聖顕の鍵の方は、先述の通り綺良々用に欲しくなっており次のPUで取りに行く予定です。ニィロウが完凸したらニィロウ向けにも欲しくなりそうですが……それについてはその時考えよう!

編成例

前述の通り、豊穣開花をしつつニィロウが表に出て戦う編成で、個人的に豊穣剣舞ニィロウと呼称しています。ナヒーダ、ヨォーヨ、ニィロウまでは基本固定。花海の効果発動のためにシールダーを採用できないんですよね。そういえば白朮先生の確保優先度がどうしても下がってしまう理由がここにもありました。本来ならベストマッチな編成に投入しにくいので、活躍の場が1つ減ってしまっているという……。

最後の1枠はサブアタッカー兼もう一人の水付着役ということで、基本的には行秋君か夜蘭姐さんを起用してます。耐久に寄せるなら行秋君、より火力を求めるなら夜蘭姐さん……というあるあるな使い分けですが、それとは別にニィロウの剣舞攻撃と行秋君の剣雨が合わさるとちょう格好いいというのがあり、気分的にも行秋君を採用することが多めかも。

ニィロウ自身の火力を上げるならフリーナ起用もありかな、とは思いつつも、開花の自傷ダメージに重ねてのフリーナスキルでの全体HP減をヨォーヨでカバーできるかがちょっと不安であまり試していません。爆発も適切に使っていけば何とかなるかなー。

千織

  • 武器:有楽御簾切 精錬ランク1
  • 聖遺物:黄金の劇団4セット 防御時計 / 岩杯 / 会心率冠
  • 命ノ星座:ノエル岩パで起用するために1凸……のつもりでしたが色々あって2凸
  • 天賦レベル:6 / 10 / 10

キャラクター発表時、ビジュアルもですがCVが竹達彩奈さんと知って気になっていました。声優さん、基本的には演者として、他のセクションと同様に作品の作り手の一人としてリスペクトしているというスタンスなのですが、その中でもやはり声質自体が好き……という方もいて。竹達さんはそういった意味で、昔から特別な方の一人なのです。蕩けるような甘やかさと凛とした強さを両立したような声が魂に刻み込まれおり……

そんなわけで、イベント初登場の瞬間からぐっと来て、イベントが終わる頃にはキャラクターとしても好きになって。実装も楽しみにしていましたが実装当日まで、事前情報に翻弄される日々でもありました。

  • 新バージョン予告番組時点:この紹介の様子だとメインアタッカー寄りなのかな?岩創造物が必要となるとノエル岩パのサブアタッカーはちょっと厳しいかな……
  • 新キャラクター情報発表時点:あれ、岩元素付与の継続時間たったの5秒!? 通常攻撃に防御参照が乗るような記述もないし、やっぱ本筋はサブアタッカーなのか?
    いや、武器で赤角みたいに通常攻撃へ防御参照が乗ればワンチャン……?
  • 武器情報発表時点:別にそんなことはなかったぜ。千織さんの残りの固有天賦や低めの凸にもなかったらいよいよメイン型は厳しくなりそうだな……。かといってノエル岩パのサブアタッカーは岩創造物縛りが難しいし、うーん……(キャラクター的にはお迎えしたいけど能力的な噛み合いの面でちょっと怪しくなってきた)
  • 実装当日:結局メインアタッカーは完凸前提かーい!(悪いニュース)
    でも岩創造物縛りは1凸で消えるんかーい!(めちゃめちゃいいニュース)

「メインアタッカーやりたい人向けの能力も用意したぜ……完凸にな!」といういつものやつといえばそうなんですけど、予告番組の段階でメインもサブも行けそうな雰囲気を感じていたので今回はまた別枠なんじゃないかなーと思っていたのですけどね……。ただそれはそれとして、完凸でのメインアタッカー化の方法が防御参照の追加のほかに「スキルのクールタイム-12秒(17秒から5秒に)」というのがちょっと面白いやり方だなと感じました。岩元素付与5秒の伏線がここで回収されるのか……!みたいな。

さておき、1凸での岩創造物縛り解除もだいぶ話が変わってくる能力でしたね。これでノエル岩パに無理なく起用できるという。結局、岩創造物が能力デザインにおけるテーマというわけでもなく(たとえば数が多いほど強くなるとか)「縛りを設けて、1凸で解除」という調整にはモヤっとするものを全く感じないかといえば嘘にはなります……が、それよりもノエルと無理なく合わせられるという有り難さの方が万倍勝ります。というわけで1凸前提でお迎えいたしました。

武器はシナバースピンドルも持ってはいて、こちらでも十分な火力を出せそうなことは確認したのですが……やはりデザイン的に有楽御簾切は欲しい……!

あまり表だってリアルマネーが絡む話はしないようにしていますが、まあ自分のブログのしかもこんな深い所ならいいかな。自分ルールとしては、紀行と祝福を常時購入するほかに、一定期間でリセットされる「初回購入2倍」の石までは追加の石購入もOK、としています。めちゃめちゃお得なので。いや何も買わないのが一番お得だよ!というのは言いっこなしでお願いします(笑)あと、必ずしも毎回その範囲に収まっているかというのはまた別の話ですが……。

というわけで「ここが勝負所だ!」と2倍石購入権を今回で使い切り、有楽御簾切ゲット!その上でせっかくなのでとまだ余っていた石でキャラ祈願の方を回して、千織さん本人も2凸できました。ゆくゆくは完凸でアタッカー運用も試したいですが、まあ、余裕のあるときに少しずつかな……。

聖遺物はスキルダメージ特化の黄金劇団に、元素爆発のダメージも上がる華館と選択が悩ましいですね。計算したり実際に付け替えたりして試していたのですが、やはり2凸効果の「きぬ」まで含めると現状だと黄金劇団かなーと。もし今後、完凸することができたらそのときは華館にしようと思っています。

元素爆発といえばカットインもめちゃめちゃ好きなんですよね……。予告番組の時点では小さめの画面で見ていたこともあり見落としていたのですが、実戦紹介のときにようやく、微かに不敵な笑みを浮かべているのに気付いて、か、格好いい……!となってしまいました。この微かに、てのがまたお洒落なんだぁ……。

千織さんの曲全部すき

千織さんのテーマ曲、色んなアレンジがあるんですけどどれもそれぞれ良いんですよね……。

実戦紹介のアレンジあたりでは使用楽器で稲妻っぽさも醸し出している一方で、ストーリームービーは完全に「フォンテーヌのファッションショー」仕様に全振りしてるのも素敵。伝説任務自体も良かったのですが、このストーリームービーは本当にファッションブランドのPVかのようなメッセージ性と美しさがあって、「良いものを見たなぁ」という気持ちが溢れてちょっと涙ぐんでしまいました。千織さんはデザイナーだけど立ち姿がモデルっぽくて綺麗だなと思ったりも。双刀の着地姿も格好いい。(あくまでイメージ的なものか、あるいはリネの力も借りたイリュージョンとかかなと思ってたら、実際に会場を跳び回ってたみたいで後でシュヴっさんに釘を刺されてたのはちょっと笑いましたが)

この曲、音楽に関する語彙の乏しい自分には「化粧品とかファッションブランドのCMみたい」としか表現できていなかったのですが、その後なかなか興味深い記事を見かけまして。

シティポップ、言われてみればあったなーそんなジャンル!ということですっと腑に落ちたのでした。この記事自体、牽強付会でなくしっかり作品に向き合った上での考察となっていて、読み応えと納得感がありました。もちろん、すべてに同感というわけではないのですが。海辺のシーンについては個人的には解釈が分かれるところ。

余談。この記事では声優さんの演技についても触れているのですが、ここで爆笑してしまいました。

しかし声優が演じる立場になったとき、こことは異なる次元へ移行する。当事者でなければいけない。個人としてのいかなる自由も許されず(ドリーは例外かもしれないが)

ひとまずここまで

もちろん原神、他にも好きなキャラクターはいっぱい居まして……。心海さんも大好きでアタッカーここみんはうちの主要編成の一つですし、鍾離先生の璃月の人達に対する見守るような視線も素敵だし(いつも璃月関係のイベントの最後に出てきて美味しい所を持っていく!)フィッシュルも編成のところでも軽く触れたけど初期から大好きだし、ほかにも演者として側面を敬慕しつつ普段の気さくな様子には癒される雲菫、“裏レイラ”も含めて好きなレイラ、デートイベントの各ルートで見せる違った一面どれもが敬愛の念を抱かせるファルザン先輩……などなど、「キャラとして好きで、戦闘でも大活躍」なキャラに絞っても全然挙げきれません。あとは、やってみたい運用ができる凸に達したら使いたいキャラも。完凸リネットメインアタッカーやりたい~!(いま5凸)

というわけで今回は、ゲーム開始初期に出会って一緒に序盤を駆け抜けたキャラクターから、その後各国で出会ったキャラの中でもとくに個人的にビビッと来たキャラに絞ってまとめてみました。

ここしばらくは、「既存の編成を強化する」ことを重視して祈願を回していたので、編成の主軸となるような限定★5メインアタッカーが増えていないのですが、幻想シアターが来て層を厚くする重要性も増したので、もうちょっと積極的に行こうかなと思っています。アタッカーなんぼいても困りませんからね。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをお寄せください(本文以外未記入OK)

*
DigiPress

「RPG-Fan!」は、RPGの紹介や感想などを掲載するゆるふわ系趣味ブログです。

Return Top