header image
RPGに関する紹介やニュースを掲載する趣味のブログです。

『英雄伝説 創の軌跡』感想メモ

『英雄伝説 創の軌跡』感想メモ

3月にクリアした『閃の軌跡Ⅳ』(感想記事)に続き、『創の軌跡』をクリアしました。軌跡シリーズを追うのがライフワークと言いながら、ここ数年色々あって『閃の軌跡Ⅲ』以降を積んでしまっていたのを、1年くらいかけてやっと一気に追い付いた……!これで『黎の軌跡』受け入れ態勢は万全!久々に発売当初からがっつりやりたいなーと思ってます。

というわけで、感想をつらつらと書いていこうかなと。とはいえ流石に閃の軌跡の感想でいろいろ書ききった感もあるので、箇条書きでさくっという感じのつもりです。

続きを読む

【メギド72 PvP】第1回ランキングバトルでA-I到達に導いてくれたマルファスPTを紹介します

【メギド72 PvP】第1回ランキングバトルでA-I到達に導いてくれたマルファスPTを紹介します

2021年7月2日から11日まで、スマホRPG『メギド72』のコロシアム(PvP)にて「第1回ランキングバトル」が開催されました。

ランキングバトルはゲームリリース直後にテスト的に「第0回」が実施されましたが、その後のプロデューサーレターで課題が挙げられ、「全体の仕様を再考します」「次回開催までお時間を頂ければと思います」と語られてから3年以上が過ぎてしまいました。

もはや一生開催されないのだろうか、とも思われていたところに突然の第1回開催告知。どうなることやらと期待半分不安半分でしたが、蓋を開けてみれば大盛況でしたね!リーダーにしたメギドの勝利数での称号が存在することもあって、特定の流行りのPTパーティとばかり当たるということもなく(もちろんある程度の傾向はありますが、少なくとも完全にそればかりではなかったと思います)、真剣勝負の数々を楽しむことができました。参加者の皆さんお疲れ様でした&対戦いただいた方々ありがとうございました!

もちろん、色々と課題点も炙り出されましたが、さり気なく「第1回β」と名前にβが付いている今回も、今ランキングバトルを開催したらどうなるかといったテストの意味も大きかったのだと思います。開催告知で意見や感想を募集してますし、自分も落ち着いたら色々送ろうかなと。先日の見せ合いシステムの実装も含め、ここに来て一気にコロシアムへのテコ入れが来ている印象なのは、PvPを中心にメギドをプレイしている者としては素直に嬉しいです。

今回自分は最高ランクであるA-Iに上がることができました。実の所、敗北ペナルティが軽いためある程度の勝率さえ維持できていれば、あとはどちらかといえば「どれだけ時間をかけて対戦数を重ねられたか」というランキングになってしまっているなと感じるのですが(これも要改善事項の一つですね)、一応今回メインで使ったマルファスPTはA-I到達時点で勝率の方も約65%と、あんまり使われていないPTにしてはまずまずの結果が出せたのではないかと思います。

A-Iランク到達時の戦績。このあとせっかくの機会なのでと、猛者達を相手に武者修行してたら勝率は下がり、マルファスPTの最終勝率は62.89%でした
(※リーダー戦績のボティス姐さんは第0回の時のものです。確かメインクエスト攻略PTでそのままちょっと遊んでみたんだったかな)

自分はもともと今回、普段使い込んでいるウェパルPT(参考記事。このあと読み合い実装で入れ替え要員が増えました。その話も書きたいな)一本でどこまで行けるかやってみようと思っていたのですが、勝率が6割を切ったあたりでちょっと焦りはじめまして、耐久力のあるカウンターPTが欲しいと急遽組んでみたのが今回ご紹介するマルファスPTです。もともと興味はあったもののRラッシュジズ(※リジェネレイト体のメギドについては以後、このように先頭に戦闘にスタイルの略称を付けることで表現します)PTが受けられないなぁと諦めていたのですが、見せ合いシステムが導入された今なら何とかなるのでは?ということで。

急拵えのPTを使うことに不安もありましたが、これが思いのほか手に馴染んでくれて、対戦を経てアップデートしていきつつ主力となってくれました。マルファスPT、今回自分の他に使っている方をほとんど見かけなかったのですが、もうちょっと増えてもいいくらいにはポテンシャル感じるんですよね……。対人戦初心者にも比較的お勧めしやすいリーダーなんじゃないかなとも思うので、色んな人に使ってみてほしいな!と思い、一つの構築例の紹介として記事を書くことにした次第です。

せっかくなので今回のうちに、マルファスリーダーで100勝の称号も取っておきました。次回があったら今度こそウェパルPTオンリーで行くかもしれないので(来てくれ、ブリフォー!)

前置きが長くなりましたが、そんなわけで紹介いきます~!

続きを読む

【メギド72 PvP】最近使ってるウェパルパの話 ~ラッシュジズの居る世界を生き抜くために~

【メギド72 PvP】最近使ってるウェパルパの話 ~ラッシュジズの居る世界を生き抜くために~

2019年くらいからハマり始めた『メギド72』のPvP(コロシアム)、引き続きどハマりしています。

事あるごとに言っているのですが、自分はいろんな戦術を使ってみよう、新しいメギドを試してみよう、みたいな欲はほとんどなくて、そうして組まれたいろんなPTのコンセプトを見させていただいて、その意図を読み取って対処していく、というのが楽しくてプレイしています。そのため自分自身は、なるべく幅広い状況に柔軟に対応できる1つのPTをひたすら使い込むというスタイルでやっています。(自分のPTの動かし方も考えながらお相手への対処法も考えるのは大変なので、自分のPTはある程度手癖で動かせるくらいにしておきたいのです。)

そのためのPTを色々と検討していて、最終的にウェパルPT(ウェパルパ)に落ち着きました。2020年は、2019年に使ったPTの振り返り記事の最後に書いた、メインアタッカーにラッシュのアモン君(Rアモン、以下リジェネレイトメギドはこのように表記します)を据えたPTを運用していて(Rアモン君のオーブはその後血を吐く思いで入手したソレントに変更)、それなりに勝てていたのですが……。

Rジズの登場により、速攻型ラッシュにおいて初手の速さがさらに求められるようになってしまいました。これまでは、速いアリトンやフルーレティによりウァサゴさんまでの初手が不完全に終わっても、2ターン1巡目あたりにまだ勝負をかける余地はあったのですが……。もはや2ターンに火力を出すのでは(あるいは1ターン3巡目ですら)遅い世界になってしまったんですよね。恐ろしや……。

(余談ですが、ウェパルパを補完するような耐久型カウンターPTの案もあったのですが、そちらはRジズの登場で完全に潰れました。僕自身は一番やりたいことが速攻型ラッシュなのでギリギリ致命傷は避けられたのですが、やはりRジズへの対処を最初から捨てるのでなければ多くのコンセプトが成立しなくなっている現状はあんまりよろしくはないなぁとは思います。)

というわけで、Rジズのいる世界に適応できるようアップデートした結果がこうなりました。

本記事では、このPTの紹介、またあらためてウェパルパ自体どういう傾向のPTかなんて話もしていければと思います。ウェパルパ楽しいし、現環境にそこそこ刺さると思ってるのですが、使っている方をあまり見かけないので、興味を持ってくれる方が少しでも増えると嬉しいな!という気持ちで書いてます。

ちなみにめちゃめちゃどうでもいい余談なんですが、ほぼウェパルパだけを使うようになってそろそろざっくり3000~4000戦くらいはしてるんじゃないかと思いますが、ウェパルは特別推しキャラとかではないです。いやもちろん、初期メンの一人として普通に好きですけどね!

5月22日追記:ゼパルのオーブはその後、アームストロングに変更しました。詳細はまたのちほど、タナトスについての話あたりで。

続きを読む

DLsiteのセールでファルコムPC作品が全作50% OFF! オススメ作品&“買ってはいけない”作品まとめ

DLsiteのセールでファルコムPC作品が全作50% OFF! オススメ作品&“買ってはいけない”作品まとめ

※注:この記事は全般的にバリバリアフィリエイト記事です!!!!

2021年4月1日、ダウンロード販売サイトのDLsiteにてPCソフトスプリングセールが開始されました。期間は5月10日13:59まで。

これにより、日本ファルコムの作品は全作50% OFFとなっています。大変お得……ではあるのですが、基本的にファルコムがコンシューマに移行する前の古い作品のため、今からプレイするならコンシューマなど別のプラットフォームがお勧めのものや、そもそも最新環境では動作に支障があるものなどが混ざっています。

そこで、現在DLsiteで扱われているファルコム作品全23品の半分以上を購入済みなわたくしの独断で、「条件なくどなたにもお勧めの作品」「条件付きでお勧めの作品」「あまりお勧めできない作品」に分類して、注意点なども込みで紹介したいと思います。もちろん環境などは人それぞれなので、絶対に買ってはいけないというわけではないのですが……タイトルはちょっと盛りましたスミマセン……。(そもそも「買ってはいけない」の元ネタって今時もう通じなかったりします?)

あと、ファルコム作品でも自分ではプレイできてないものもあり、その辺はスルーとなります。というか書いてみたらほとんど英雄伝説とイースに偏りましたので、網羅的な記事ではない点はあしからずご了承ください。

続きを読む

【計21作品】2020年にプレイしたRPGを振り返る

【計21作品】2020年にプレイしたRPGを振り返る

昨年プレイしたRPGの振り返り、諸事情でだいぶ遅くなってしまいました。そのあたりの諸々は後ほど。リリース時期と関係なく、クリアした月ごとに振り返って参ります。

非アクションRPGにおいては戦闘のシステムや調整が凝った作品をとくに好んでプレイするため、ここで語るRPGもそうした作品が中心となっています。

昨年の記事:【計12作品】2019年にプレイしたRPGを振り返る

続きを読む

「RPG-Fan!」は、RPGの紹介や感想などを掲載するゆるふわ系趣味ブログです。

Return Top