RPG-Fan!

[執筆記事紹介]癖のあるキャラが30人!自分だけのパーティを作れるダンジョンRPG「Summon Girls」

[執筆記事紹介]癖のあるキャラが30人!自分だけのパーティを作れるダンジョンRPG「Summon Girls」

GW入ったあたりに夢現の新着で見かけて、軽い気持ちで始めてみたところ思った以上にハマってしまい難易度ノーマルとハードで2周しました。

まず、召喚といってもランダムではなく召喚できる30名のキャラクターの情報が最初からフルオープンで、スキルやステータスを見て使いたいキャラを(召喚用リソースであるソウルストーンが足りる範囲で)選べるというのが好みにマッチしました。あとはやはり記事にもさんざん書いたけど、個性的な面白スキル、浪漫スキルが多くてどのキャラも使うのが楽しかったですね!

ちなみに、召喚コストが低い銅ランク4人でパーティ組みましょう、とか言われたら、いきなり銀ランク狙いたくなりますよね(笑)。というわけで銀1人+銅2人に。ダンジョンでFOEを倒せば特定キャラを召喚できる魂結晶が比較的さくさく手に入るので、これで正解だった感。

そんな感じで、1周目は色々なキャラを使ってみるのが楽しくてFOE倒しまくっていましたが(そうするとボス戦に挑む前にボロボロになって撤退することもしばし)、そしたら結構期限がギリギリになって焦ったり。意外とぬるくないバランスかなと。2周目はある程度育成するキャラを絞り込み、ハードですがそこそこ余裕を持ってクリアしました。

そんな感じで、細かすぎるので記事には入らなかった点も含め、個人的にいいなと思った所など。

  • 全体的にキャラ集めゲーとしてのデザインが綺麗
    • 任意召喚にランダム性がないので「ハズレを引く」ということがない
    • それでいてランクの仕様により「今はまだ届かないキャラ」が居て目標になる
    • FOEを倒すと「今はまだ届かない(はずの)キャラ」を一発召喚できるチャレンジ要素(ここに誰が居るかはランダムだけど先に見えるので行くか回避するかは決められる)
    • ダンジョンに連れていったメンバーとのみ会話イベントを起こせる仕様のため、色々なキャラを使うモチベーションになる(キャラゲーという面でも、好感度MAX=スキルアンロックのため戦術面でも)
    • キャラごとの固有仕様が色々あるが、戦闘中でもマウスオーバーで諸々確認できるので新しいキャラを気軽に使ってみることができる
    • 装備品の概念がないためキャラ入れ替えが面倒くさくない
  • ゲーム内の色々な仕様に設定・世界観上の理屈がついている
    • なんで自組織からアイテム買い物するの?→配給の概念
    • ダンジョンで配給書が手に入るとは……?→実際には財宝が手に入っており、その功績に応じた分の配給の権利が得られているという設定
    • キャラクターのランクによるステータスボーナスとは→本来の実力とは別に、「召喚されたこの世界でどれだけ力を発揮できるか」に違いがある
  • 30人×5スキル全部別々でバランス破綻してないのが凄い
    • 結構しっかりテストプレイしたんじゃないかなぁという印象。スタッフロールを見ると「デバッグ・モニタリング」担当が2人いらっしゃいますね
  • マウス操作を活かしたUI。すごろく風マップ、わかりやすい戦闘画面(スキルもコマンド化されており、全行動がコマンド選ぶ→対象選ぶの2ステップで統一)
  • 色んなゲームを研究してるなあ(あるいは好きなんだろうなあ)と感じます
    • FOE(まあこれはよくあるっちゃあよくありますが)
    • アクティブ4つパッシブ1つのスキルでキャラ付けしているのと、スタックの概念はLeague of Legendsを参考にしているっぽい(とはいえ戦闘システム自体は全く別物)
    • キャラ召喚という仕掛け、キャライベント、簡略化されたダンジョンというあたりはスマホゲーっぽい
    • それらの要素の組み合わせの妙により、安定しつつほどほどに新鮮なプレイ感

逆にちょっと気になった点としては、起動がやや重いかな?うちの環境(Core i5 2.90GHz・SSD)だとしばらく応答不能になります。ただしあくまで起動までで(データ読み込んでるのかな)始まってしまえば軽快でした。あと、ザコ敵のパターンが少なめだったかなと。とはいえこちらのパーティが変われば戦い方も変わるので、2周プレイする程度ならそこまで飽きは来ませんでした。流石に3周はいいかなって感じですが。

そんな感じで楽しくプレイいたしました。以下、軽くキャラ語りなど。とくにお気に入りのキャラを何人か。

エルト:1周目初期メンバー。一度使うとスキルが使用不可になるが、一定ターンごとに発生する「機能修復」により再使用可能に。2回行動化+再使用も早める「オーバークロック」の使いこなしが面白い。好感度MAXでアンロックされる「熱光線」は使用コストが比較的低い全体攻撃でザコ掃討に大活躍
エルト:1周目初期メンバー。一度使うとスキルが使用不可になるが、一定ターンごとに発生する「機能修復」により再使用可能に。2回行動化+再使用も早める「オーバークロック」の使いこなしが面白い。好感度MAXでアンロックされる「熱光線」は使用コストが比較的低い全体攻撃でザコ掃討に大活躍
エイラ:1周目でも2周目でもブロンズランクで、序盤の回復役として大活躍。HP回復に戦闘不能回復、状態異常回復まで付いてる「応急手当」が便利。スキル使用でランダムに付く「アイデア」スタックでスキル強化されるのも面白い
エイラ:1周目でも2周目でも銅ランクで、序盤の回復役として大活躍。HP回復に戦闘不能回復、状態異常回復まで付いてる「応急手当」が便利。スキル使用でランダムに付く「アイデア」スタックでスキルが強化されるのも面白い
柚香:スキルによって「手鞠」の数を増やしていき、通常攻撃の回数を増やせるのが面白い。複数回攻撃は、敵を倒して回数が余っていれば別の敵を攻撃するのでとても便利。さらに好感度MAXで開放される「手鞠殺界」はダメージを強化した上で複数回攻撃する浪漫スキル!
柚香:スキルによって「手鞠」の数を増やしていき、通常攻撃の回数を増やせるのが面白い。複数回攻撃は、敵を倒して回数が余っていれば別の敵を攻撃するのでとても便利。さらに好感度MAXで開放される「手鞠殺界」はダメージを強化した上で手鞠を溜めた分だけ複数回攻撃する浪漫スキル! 1周目では使いたいなーと思いつつも銅ランクだったため途中で最前線からは退きましたが、2周目では晴れて金、最終戦メンバーとなりました
フライニー:タンク券アタッカー。スキル使用でランダムに「直感」スタックが付き、通常はランダムに付くスキルの追加効果が確実に出せるというのが面白い。敵か味方全体にランダム効果が発動する「魔法の珠」も面白いけど狙った効果を出しにくいのでこっちはあまり使わなかったかな……。アタッカーとしても十分使える盾として、1周目(ゴールド)は最後まで、2周目(シルバー)も最終盤まで大活躍
フライニー:タンク兼アタッカー。スキル使用でランダムに「直感」スタックが付き、通常は一定確率で発動するスキルの追加効果が確実に出せるというのが面白い。敵か味方全体にランダム効果が発動する「魔法の珠」も面白いけど狙った効果を出しにくいのでこっちはあまり使わなかったかな……。アタッカーとしても十分使える盾として、1周目(金ランク)は最後まで、2周目(銀ランク)も最終盤まで大活躍
リシェル:格闘も行けるアタッカー。どちらかというとキャラ可愛いみたいな動機で使っていた感もあり。ターン経過で「体術」スタックが溜まり攻撃系スキルの効果が変わるのが面白いのですが、パンチから変化する「背表紙」って何だろう?と思ったら本で殴るのかよ!(会話イベントで本のカバー修繕の素材を買いに行く話が……)
リシェル:格闘もいけるヒーラー。どちらかというとキャラ可愛いみたいな動機で使っていた感もあり。ターン経過で「体術」スタックが溜まり攻撃系スキルの効果が変わるのが面白いのですが、パンチから変化する「背表紙」って何だろう?と思ったら本で殴るのかよ!(会話イベントで本のカバー修繕の素材を買いに行く話が……)
ミルフィ:一部魔法の使用や防御で「魔力」スタックが溜まり、5まで溜めると全体特大ダメージの「デモリッシュ」を発動。浪漫スキルだ……! 1周目最終戦メンバー。ちなみにスキル説明に書いてませんが「ダイムサンダ」でも「魔力」溜まるような?
ミルフィ:一部魔法の使用や防御で「魔力」スタックが溜まり、5まで溜めると全体特大ダメージの「デモリッシュ」を発動。浪漫スキルだ……! 1周目ラスボス戦メンバー。会話イベントに一枚絵が付いているキャラの一人で、このイラストもとても良かった。ちなみにスキル説明に書いてませんが「ダイムサンダ」でも「魔力」溜まるような?
ミオリィ:スキルで敵を倒すと、一定確率で同じスキルがノーコストで発動するパッシブ「チェインワード」が超強力。これまた浪漫。……ってあれ、今気付いたけどあくまで「倒した時」か。勘違いしてたかも。ラスボス戦要員にするのはちょっと間違えたか……?まあそれ抜きでも単体・全体とも魔法がとにかく強いのでよいのですが
ミオリィ:スキルで敵を倒すと、一定確率で同じスキルがノーコストで発動するパッシブ「チェインワード」が超強力。これまた浪漫。……ってあれ、今気付いたけどあくまで「倒した時」か。勘違いしてたかも。2周目ラスボス戦要員にするのはちょっと間違えたか……?まあそれ抜きでも単体・全体とも魔法がとにかく強いのでよいのですが
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをお寄せください(本文以外未記入OK)

*
DigiPress

「RPG-Fan!」は、RPGの紹介や感想などを掲載するゆるふわ系趣味ブログです。

Return Top